「アダム」と「アダムス」の意味を教えて!

質問:「アダム」や「アダムス」とは、どういう意味ですか?

回答:「アダム」の語源をたどると「」という意味です。 「アダムス」は「アダム」の複数形です。 詳しくは以下をご覧ください。

1.「アダム」と「アダムス」の原語

「アダム」と「アダムス」の原語は次の通り:

  • アダム・・・英語やラテン語などの人名 "Adam"
  • アダムス・・・英語の人名 "Adams"
"Adams" の異表記として "Addams"("d" が1つ多い)があります。 映画『アダムス・ファミリー』の「アダムス」は、この "Addams" です。

2. "Adam" とは

"Adam" は次の2つの意味で使われます:

  1. ユダヤ教やキリスト教の聖書の登場人物。 人類の始祖とされる男性の名前。(*)
  2. 男性のファーストネーム(下の名前)。 由来は聖書の登場人物「アダム」。
(*)アダムとイブ(Adam and Eve)」の「アダム」。

3. "Adams" とは

"Adams" は名字です。 ファーストネームとしては用いられません。
"Adams" は米国で地名としても用いられています。

4. "Adams" の由来

"Adams" は、ファーストネームが "Adam" だった男性の子孫だと考えられます。 父親のファーストネームを子供が名字として採用したのが定着したわけです。
"Adam" がファーストネームで "Adams" が名字です。 これを覚えるには、「名字は家族で使う。 家族はメンバーが複数だから複数形の "Adams"」と考えると良いでしょう。

5. "Adam" の語源

「アダム」の語源は「人類、人、個人」を意味するヘブライ語「אדם(adam)」です。

一説によると、ヘブライ語「אדם」の語源は「土、大地」を意味するヘブライ語「אדמה(adamah)」です。

この説の理屈は『ユダヤ教で神が大地から人を作ったので、「土、大地」を意味する語が人を意味するようになった』というものです。
ヘブライ語「אדם(adam)」から古代ギリシャ語「Ᾱ̓δᾱ́μ(Ādā́m)」次いでラテン語 "Adam" を経て、"Adam" は英語などの現代語に広まりました。
古代ギリシャ語「Ᾱ̓δᾱ́μ」やラテン語 "Adam" は、一般的な人名ではなく聖書の登場人物「アダム」の意味でのみ用いられていたようです。 中世時代には "Adam" は一般人の名前にも用いられました。

トップページに戻る