ブランド名「アディダス」の由来は?

質問.:「アディダス」というブランド名の由来を教えて下さい。

回答.: ヒトコトでは語り尽くせないので、以下をご覧ください。

由来は...

「アディダス(Adidas)」という名称は、アディダスの創業者の名前に由来しています。

創業者の名前は "Adolf Dassler" で、彼の愛称は(おそらく "Adolf" に由来する) "Adi" でした。

創業者であるアドルフは会社を設立するとき、愛称 "Adi" と名字 "Dassler" の最初の3文字(Das)を組み合わせて、"Adidas" という名称で登録しました。 1949年のことです。

登録時のハプニング

Adolf Dassler は当初、"Adi" の "Ad" の部分と "Dassler" の "Das" を組み合わせた "Addas" を会社名にするつもりでした。

ところが、"Addas" という名称の子供靴のメーカーがすでに存在していので、登記用紙にすでに記載していた "Addas" に "i" という文字を書き加えて申請しました。

アディダス社の関連団体が公開している画像を見ると、登記用紙にタイプライターで打たれた "Addas" という印字に、"i" の文字が手書きで追加されているのがわかります。 登記所で "Addas" では登記できないと知り、その場で "i" を書き加えたのでしょう。

Adolf Dassler の実兄である Rudolf Dassler は靴メーカー「プーマ(Puma)」の創業者ですが、プーマの社名は当初 "Ruda" でした。 創業者の名前 "Rudolf Dassler" を縮めて社名にしていたわけです(創業後まもなく "Ruda" から "Puma" に社名が変更されました)。 兄弟そろって同じ発想です。

トップページに戻る