ご存知でしたか? 「オールウェイズ」には、もう1つ意味がある

質問.オールウェイズ」の意味を教えて下さい。

回答.いつも」あるいは「ずっと」という意味です。

詳細

みんなが知ってる「オールウェイズ」

「オールウェイズ」は "always" という英語の副詞をカタカナで表記した言葉で、この "always" に「いつも(⇔ときどき)、ずっと(永遠に)、一貫して変わらず」という意味があります。

英語の "always" は「いつも(~してばかりいる)」というネガティブな(悪い)意味にも使われますが、カタカナ語の「オールウェイズ」は「いつまでも変わらない」とか「ずっと(一緒だよ)」というポジティブな意味であるのが一般的でしょう。

もう1つの「オールウェイズ」

"ol' ways" という英語も、カタカナにすると「オールウェイズ」です。

  • "ol'" は「古い」を意味する形容詞 "old" が崩れた言葉で、単に古いだけでなく自分が慣れ親しんだ愛着のあるもの(人や物や事柄)に関して用います。
  • "ways" は "ways" は "way" の複数形で、「やり方、方法」という意味です。 "way" には「道」という意味のほかに、「方法、やり方」という意味があります。
したがって、"ol' ways" は「昔ながらのやり方、自分が慣れ親しんだやり方」という意味です。

"ol' ways" の用例

  • good ol' ways・・・古き良き手法(やり方)
  • those od' ways・・・そうした昔ながらのやり方

"ol' ways" ではない用例

  • good ol' days・・・古き良き日々(グッドオールイズ)

"ol' ways" 由来の「オールウェイズ」

今のところ、カタカナ語「オールウェイズ」はもっぱら "always" の意味であって、"ol' ways" の意味では使われません。(そのはずです)

ですが、いつの日かサントリーがウイスキーの宣伝で「オールウェイズ」を "ol' ways" の意味で使うと、この場を借りて予言しておきましょう。 サントリーが用いる宣伝文句は、おそらく「オールウェイズ オールド」です。

  • 「オールウェイズ オールド」は、"ol' ways Old" と "always Old" を掛けた二重の意味を持つフレーズです(「オールド」はサントリーが販売するウイスキーの商品名)。
  • "ol' ways Old" が「昔ながらの手法で造られたオールド・ウイスキー」という意味で、"always Old" は「私(が飲むウイスキー)はいつもオールドだ」という意味です。

サントリーのCMで「オールウェイズ オールド」というフレーズを見かけたら、このサイトのことを思い出してくださいね。 そしてSNSなどで散々(さんざん)に私の予言のことを言い触(ふ)らしましょう。

あっ、そうそう今日の日付は 2021年5月7日。 この日付が予言の日付です。

トップページに戻る