「アンジェリカ」の意味を教えて!

質問:「アンジェリカ」とは、どういう意味ですか?

回答:「天使(のような)」という意味です。 詳しくは以下をご覧ください。

アルファベットに戻すと

「アンジェリカ」をアルファベットに戻すと "Angelica" です。

「アンジェリカ」の用途

"Angelica" は植物の名前または女性の個人名として用いられます。

「アンジェリカ」の語源

"Angelica" の語源は「天使」を意味するラテン語 "angelus" です。
"angelus" から "Angelica" に至るまでのルート(過程)は複数ありますが、どのルートの場合にも語源は同じ "angelus" です。
植物のアンジェリカが "angelica" と呼ばれるのは、その香り薬効ゆえだと考えられています(香りや薬効が天使を想起させる)。
植物のアンジェリカが "angelica" と呼ばれはじめたのは16世紀です。

植物の「アンジェリカ」について

学名としての「アンジェリカ」

"Angelica" は植物の学名です。「シシウド属」のアルファベットの学名が "genus Angelica" です。
「シシウド属」は「セリ科」の下位カテゴリー。 「セリ科」はアルファベットで "family Apiaceae"。

ハーブの名前としての「アンジェリカ」

シシウド属に分類される植物は60種類ほどですが、英語の "angelica"(1) はその中でも特に "Angelica archangelica" という学名(2)で北欧に自生するものを指します。

(1) 学名 "Angelica" が固有名詞であって常に大文字で始まるのに対し、こちらの "angelica" は普通名詞であり文中では小文字で始まる。

(2) 和名は「セイヨウトウキ」。 英名(英語圏での通称)は "garden angelica"。
"Angelica archangelica" はハーブとして(*)フランスやポーランドなどで栽培されています。
(*) 食用や薬用になるほか、造酒のフレイバリング(風味づけ)に用いられる。 根も種も茎も葉も利用できる。

トップページに戻る