「ビトレイヤー」の意味は? 語源は?

質問.:「ビトレイヤー(ベトレイヤー)」って、どういう意味ですか?

回答.:「裏切り者」という意味です。

解説

「ビトレイヤー」あるいは「ベトレイヤー」は "betrayer" という英語をカタカナにした言葉で、この "betrayer" に「裏切り者」の意味があります。

"betrayer" は「密告者」という意味でも使われます。

英語の発音として正しいのは「ベトレイヤー」ではなく「トレイヤー」です。

"betrayer" の成り立ち

"betrayer" は「裏切る」などを意味する動詞 "betray" に、「~するもの(者/物)」を意味する接尾辞 "-er" がくっついて出来ています。

動詞 "betray" の語源は「明け渡す」などを意味するラテン語の動詞 "trādere" です。

"trādere" の意味は英語の "betray" にも残っていて、"betray" には「信頼を裏切って(自国の都市や自分の友人などを)明け渡す」という意味もあります。

"betray" には「密告する」という意味もあり、それが "betrayer" の「密告者」の意味の元となっていますが、この「密告する」も「仲間の情報を真偽に背いて敵に明け渡す」ということです。

"betrayer" の、もう1つの意味

"betray" には「意図せずして(感情や思考などを)漏らす」という意味があります。
His grin betrayed his satisfaction.
彼の笑みに彼の満足が漏れ出てていた
# 「思わず満足の笑みを浮かべてしまった」ということです。
そして、この意味の "betray" に "-er" が付いて "betrayer" になることもあります。 この "betrayer" は「(感情や思考などを)漏らしてしまうもの」という意味です。
She hadn't realized her eyes were such betrayers of her internal turmoil.
《直訳》 彼女は自分の両目が彼女の内部の動揺の漏らし手だと気づかなかった。
《意訳》 彼女は自分の目に内心の動揺が漏れ出ていたのに気づかなかった。
ですが、カタカナの「ビトレイヤー」がこの意味で使われることはないでしょう。

トップページに戻る