「カクタス」の意味は? アーティチョークとの関係は?

質問.カクタス」の意味を教えて下さい。 それから、カクタスとアーティチョークが関係してるとの噂ですが、本当ですか?

回答.「カクタス」は「サボテン」という意味です。 そして、噂に関して答えはYes。 カクタスとアーティチョークは無関係ではありません。

詳細

1.「カクタス」を徹底解説

「カクタス」は "cactus" をカタカナで表記した言葉です。 カタカナ語「カクタス」は英語に由来すると思いますが、イタリア語フランス語などにも "cactus" という綴(つづ)りで「サボテン」を意味する言葉が存在します。

1.1. "cactus" の複数形

英語の場合、"cactus" の複数形は3種類もあります。 "cacti"、"cactuses"、"cactus"(*)の3つです。
(*) 単数形と同じ綴り。
  • "cacti" はラテン語の名詞が複数形になるときのルールを踏襲したものです。 "cactus" が元々はラテン語なので。
  • "cactuses" は英語の文法に則(のっと)って "cactus" を複数形にしたものです。
  • "cactus" はフランス語の影響かもしれません。 フランス語では単数形も複数形も "cactus" です。

1.2.「cactus =サボテン」

"cactus" は狭義(狭い意味)ではサボテン科(Cactaceae)の植物を指しますが、広義では、サボテン科ではないけれどサボテンに似る多肉植物も指します。

この点に関しては日本語も同じです。 われわれ日本人もサボテン科ではない植物も「サボテン」と呼びますから。

例えば次の写真は学名をユーホルビア(Euphorbia)と言う植物で、断じてサボテン科の植物ではありません...


画像提供: Frank Vincentz 様


画像提供: Frank Vincentz 様

けれど、この植物を見た100人中99人が「これはサボテンです」と言うことでしょう。

残る1人(植物の専門家)も 「これはユーホルビアだね。厳密にはサボテンじゃない。でもまあ、一般的にはサボテンと呼んで差し支えない。もうサボテンでいいよ、サボテンで」 と言うことでしょう。

したがって、「cactus =サボテン」です。
ご存知でしたか?①

サボテンは茎の部分で光合成します。 葉っぱの部分がトゲトゲに進化してしまって光合成できないので、健気(けなげ)に胴体の部分で光合成しているのです。

ご存知でしたか?②
ユーホルビア属の植物の多くは、サボテン科の植物がアメリカ大陸(新大陸)でトゲトゲの多肉植物に進化したのと同じように、アフリカの砂漠などでサボテンに似る姿へと進化しました。

2. カクタスとアーティチョークの関係

2.1. どんな関係?

「カクタス」の語源がアーティチョークです:

  • "cuctus" の語源は "κάκτος(káktos)"というギリシャ語。 "κάκτος" は「地中海のシシリー島に生えるトゲトゲしい植物」を指す言葉ですが、この「トゲトゲしい植物」がアーティチョークです。
  • "cuctus" は "κάκτος" からラテン語 "cuctus" を経て、イタリア語・フランス語・英語などに入ってきました。
  • ラテン語の "cuctus" も「アーティチョーク」を意味します。 地中海地方にサボテンは自生していません。

英語に "cactus" という語が入ってきたのは 1600年ごろ。 英語の "cactus" も当初は「アーティチョーク」の意味で使われていたようです。

英語の "cactus" が「サボテン」の意味で使われ出したのは 1769年。 新大陸(アメリカ)で発見されたサボテン科の植物をアーティチョークの近縁種と勘違いしたリンネ(スウェーデンの植物学者)が、サボテン科のトゲトゲ植物を "cactus" と呼んだのがきっかけだそうです。

2.2. アーティチョークとは?

アーティチョークは地中海沿岸を原産地とするキク科の多年草。 つぼみの花托(かたく)が食用になります。


アーティチョーク (画像提供: JACLOU-DL 様

カルドン(cardoon)という植物を食用に品種改良したのがアーティチョークです。 上述の「シシリー島に生えるトゲトゲしい植物」も厳密にはカルドンでしょう。

カルドンの学名は "Cynara cardunculus" で、それを品種改良したアーティチョークの学名は "Cynara cardunculus var. scolymus" です。

トップページに戻る