「クロー」や「クロウ」って、どういう意味?

質問.:「クロー」あるいは「クロウ」の意味を教えてください。

回答.: 次の2つの意味があります:

  1. 鋭い爪: 猫やワシの爪のようにカーブしていて先が尖っていて、掴まれると怪我をする感じの爪のことです。
  2. カラス: 黒くてカァーカァーと鳴く鳥。

解説

「クロー」や「クロウ」は "crow" あるいは "claw" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"crow" が「カラス」という意味で、"claw" が「鋭い爪」という意味です。

カラス(crow)について

カラス(crow)は厳密な意味では、カラス属(genus Corvus)の黒い色をした鳥を指します。

ですが、英語の "crow" でも日本語の「カラス」でも、この厳密な意味での「カラス」に似るカラス科(family Corvidae)の鳥をひっくるめて「カラス(crow)」と呼んでいます。
日本語の「カラス」は体色が黒でない鳥にも使われます(例. コクマルガラス)。

英語では、大型のカラスを「レイブン(raven)」と呼びます。

鋭い爪(claw)について

  • 「爪」全般を意味する英語は "nail(ネイル)" です。 "nail" のうち「カーブしていて鋭い爪」が "claw" と呼ばれます。
  • カラスの爪も "claw" と呼ぶに足る形状なので、"crow's claw(s)(クロウズ・クローズ。 カラスの鋭く曲がった爪)" という表現も可能です。
  • "claw" は基本的には、爪の1本ずつを指します。 カラスは指が4本なので、片足に "claw" が4つ(four claws)あることになります。
  • しかし、そうした鋭い爪が生えた手や足を指して "claw" と言うこともあります。 この意味の "claw" は複数の爪(カラスなら4つ)をまとめて指し示します。

発音

"crow" と "claw" の発音はカタカナにすると同じようなものですが、どちらかと言えば "crow" に対応するのが「クロウ」で、"claw" に対応するのが「クロー」です。
英語の実際の発音で "crow" を「クロー」と発音することもあるので一概には言えません。

動詞としての意味

"claw" にも "crow" にも動詞としての意味があります。 "claw" ならは「ひっかく、切り裂く」など、"crow" なら「叫ぶ」などです。

しかし、カタカナの「クロー」や「クロウ」が動詞の意味で使われることは(少なくとも現時点では)ないと思います。

トップページに戻る