どう考えても「地面」の意味じゃない「グラウンド」の意味を教えて!

質問. コーヒーとかブラックペッパーとかビーフの「グラウンド」って、どういう意味ですか。

回答.細かく挽(ひ)かれた」という意味です。

解説

元の英語

コーヒーとかブラックペッパーとかビーフの「グラウンド」は "ground" という英語をカタカナにした言葉です。

この "ground" は「(コーンや肉などを)挽(ひ)いて細かくする」動詞 "grind" の過去分詞形です。

過去分詞形は「~された」という意味になるので、"grind" の過去分詞形 "ground" は「細かく挽(ひ)かれた」という意味です。

補足

  1. 細かく挽かれた」を意味する "ground" は、「地面」を意味する "ground" と同じ綴(つづ)りです。 でもこの2つは別々の言葉です。
  2. 動詞 "grind" には「研磨する」という意味もあるので、過去分詞形 "ground" に「研磨された」という意味もあります。
  3. 料理や食べ物の話題で「グラウンド」という言葉が出てきたら、その「グラウンド」は「細かく挽かれた」の意味である可能性が濃厚です。
  4. 粗挽き」は "coarse grind"、「細挽き」は "fine grind" と言います(*)

(*) "grind" に「挽(ひ)く」という動詞の意味だけでなく、「挽くこと、挽かれたもの」という名詞の意味もあります。

"fine" は「細かい」という意味で、"coarse" は「粗(あら)い」という意味。 "coarse grind" の直訳は「粗い挽かれたもの」。

粗挽き/細挽きのコーヒー/肉」と言いたければ "finely ground coffee/meat" です。 "fine ground coffee/meat" や "fine grind coffee/meat" という言い方もしますが、文法的な正当性が微妙です。

「挽かれた」を意味する「グラウンド」の用例

  • グラウンド・コーヒー: コーヒー豆を挽いて粉末状にしたもの。「豆のままのコーヒー」に対する「粉のコーヒー」。 挽き方は問わない。 粗挽きのコーヒーも「グラウンド」。
  • ペッパー(グラウンド): 「コショウ(粉末)」という意味。 粒のままではなく、すでに挽かれて粉になっているコショウ。
  • グラウンド・ビーフ: 細かく切ってミンチ状になった牛肉。挽いた牛肉。 「ビーフ(beef)」は「牛肉」という意味。
  • グラウンド・ポーク: 豚の挽き肉。「ポーク(pork)」は「豚肉」という意味。

トップページに戻る