"if not best" の意味と解説

質問.: "if not best" ってどういう意味ですか?

回答.:「ベスト(最高)ではないにせよ」という意味です。

解説

  • "if not best" は "if (XXX is/are) not best~" という表現の「(XXX is/are)」の部分が省略された表現です。
  • 「(XXX is/are)」の部分に入るのは、ベストであるかどうかが問われているもの(人や物)です。
  • "if" には良く知られている「もし~なら」という意味のほかに、"even if(もし~だとしても)" の意味もあります。 "if not best" の "if" は "even if" のほうの意味であるのが普通です。
    "if not best" の "if" が普通の「もし~なら」の意味である場合、"if not best" の訳し方は「仮にベストでなければ、もし最高でないなら」などになります。

用例

Better if not best.
ベストではなくともベター。
# 「ベター」とは他よりも優れているという意味。 「他のもの」が何かは、この用例だけでは不明。
Well, if not best in life, one of the bests sea bass ever tasted for sure!
(私が)これまでに(食べた)最高のスズキではないにせよ、最高のスズキのうちの1つだ。
# "sea bass" は魚のスズキのこと。 ここの「最高」とは「最高に美味な」という意味。
"A-level" candidates will have experience in well managed and governed companies. They develop good habits and look for good, if not best, practices in a company they might join.
経営とガバナンスがしっかりしている企業における経験を有する者が「レベルA」の候補者である。 企業に入社したならば良い習慣を形成し、ベストではないにせよ良好なプラクティスを探し求めるのが「レベルA」の候補者である。

# 企業の幹部的な人材の分類に関する文書の一文なのでしょう。「レベルA」の候補者はきっと、最も有望な候補者のことでしょう。「レベルB」や「レベルC」の候補者もいることと思われます。

この例文では "best" と "practice" の間にカンマが入っていますが、"best practice" は「ベスト・プラクティス」というカタカナ語(ビジネス用語)になっています。 「ベスト・プラクティス」は「最善慣行」や「最良慣行」とも呼ばれます。

トップページに戻る