"if not stated otherwise" の意味・解説・用例

質問.: "if not stated otherwise" ってどういう意味ですか?

回答.: 「特に別の(趣旨の)ことを述べていない限り」という意味です。

解説

  • "if not stated otherwise" は "if (XXX is/are) not stated otherwise~" という表現のカッコの部分が省略された表現です。
  • "otherwise" は「別段に、別に、それ以外に」といった意味です。 何に対して「それ以外に」なのかと言えば、基本的な状態(素の状態、デフォルトの状態)です。 "otherwise" には形容詞の意味もありますが、"if not stated otherwise" では副詞です。
  • "if" には良く知られている「もし~なら」という意味のほかに、"even if(もし~だとしても)" の意味もあり、その場合には "if not stated otherwise" は「特に述べていないにせよ」という意味になります。 ただ、"if not stated otherwise" の "if" が "even if" の意味であるのは稀(まれ)でしょう。
  • ("if" が "even if" の意味でなければ)"if not stated otherwise" は "unless stated otherwise" と同じ意味です。 "if not" が "unless" とイコールですから。
"otherwise" について詳しく

"otherwise" は "other" と "-wise" に分解できます。 "other" は「他の」という意味で、"wise" は "way" の古語です。

"wise" は古語としては "way" と同様に「道、方法」という意味の名詞ですが、現在では「~方向に、~に関して」といった意味を持つ接尾辞として用いられます。

接尾辞 "-wise" は "clockwise" などの既成の単語に用いられているほか、各人が好き勝手に色々な言葉にくっつけて(その場その場で)新しい言葉を生み出すのに使われます。

"clockwise" は「時計の進む方向に、時計回りに」という意味です。 "otherwise" にしても、元々の意味は「他の方向に」という意味だったはずです。

新語では、例えば "weather-wise" であれば「天気に関しては、天気的には」という意味になりますし、「オレ的には、わたし的には」と言いたいときには "me-wise" と言えば良いのです。
新語を生み出す "-wise" は「~方向に」ではなく、もっぱら「~に関しては、~的には」の意味で使われるように思います。

用例

All courses, if not stated otherwise, are taught in English.
すべての講座は、特に記載がない限り、英語で講義が行われます(英語で教えられます)。

# この教育機関では講義に用いられる言語が基本的には英語で、その「基本」から外れる(英語ではないと殊更〔ことさら〕に記載されている)場合を指して "otherwise" と言っています。

この例文が話し言葉ではなく書き言葉なので、"state" の和訳を「記載」としました。
This privacy policy relates solely to this Application, if not stated otherwise within this document.
このプライバシー・ポリシーは、本ドキュメント内で別段に記載していない限り、本アプリケーションにのみ適用されます。

# 「別段」とは「特に異なる」という意味です。

ドキュメント内で「このセクションの定めは本アプリケーション以外にも適用される」などとわざわざ書いてある(特に記載がある)部分を除いて、基本的にはこのプライバシー・ポリシーは本アプリケーションのみに適用されるということです。
Is every object in C++ mutable if not stated otherwise?
C++(というプログラミング言語)のすべてのオブジェクトは、特に宣言されていない限りミュータブルですか?

# プログラミングの分野では、"state" を「宣言する」と訳します。 多分そうだったはずです。

この例文は「C++ のオブジェクトはデフォルト(素の状態、基本的な初期状態)ではミュータブルですか?」と尋ねているのと同じです。

トップページに戻る