人や花の名前「マーガレット」の意味を教えて! えっ、マーガリンも関係あるの?

質問: 人や花の名前「マーガレット」には、どんな意味があるのですか? つまり、語源というか言葉の由来を教えて下さい。

回答: 人名「マーガレット」の意味は「真珠」です。 花のマーガレットも同じ意味です。

詳しくは以下をご覧ください。

1. 人名と花名の「マーガレット」は別々の言葉

「マーガレット」の元となるアルファベットは人名と花名とで異なります。

  • 人名「マーガレット」・・・ Margaret
  • 花名「マーガレット」・・・ marguerite

2.「マーガレット」の語源

人名 "Margaret" も花名 "marguerite" も、「真珠」を意味する古代ギリシャ語「μαργαρίτης(margarítēs)」が語源です。

この2つの言葉が日本語「マーガレット」に至るまでのルートは次の通り。

2.1. 人名 "Margaret"

「μαργαρίτης」からラテン語 "Margarita" 次いで古フランス語 "Margaret" を経て英語に入ってきました。

この英語 "Margaret" から日本語(カタカナ語)の人名「マーガレット」が生まれました。
"Margaret" は英語の人名。 "Margaret" に対応する現代フランス語の人名は "Marguerite"。

2.2. 花名 "marguerite"

「μαργαρίτης」からラテン語 "Margarita" を経てフランス語 "marguerite" となりました。 このフランス語 "marguerite" は同じ綴りと意味で英語になっています。
花名 "marguerite" は上述のフランス語の人名 "Marguerite" と同じ綴りですが、普通名詞なので文中では小文字で始まります。

花名 "marguerite" は人名 "Marguerite" から転じたのではなく、「真珠」を意味する古代ギリシャ語(あるいはラテン語)から直接生まれたと考えられています。

3. "Margaret" と "marguerite" の使われ方

3.1. "Margaret"

人名 "Margaret" は女性の個人名(ファーストネーム)として用いられます。
"Margaret" は天王星に27もある(ムーン)のうちの1つ(2003年に確認されたもの)の名前でもあります。

3.2. "marguerite"

英語版 Wikipedia によると、花名 "marguerite" が指し示す植物は主に次の2種類です:

  • フランスギク(Leucanthemum vulgare)
  • モクシュンギク属(genus Argyranthemum)の植物
どちらもキク科で、俗に「デイジー(daisy)」(*)と呼ばれます。 見た目も似ています。
(*) この2つ以外にも「デイジー」と呼ばれる植物はたくさんある。

ただ、日本語版の Wikipedia を見ると、日本語の「マーガレット」は "marguerite" と違って、モクシュンギク属の中の特定の植物 "Argyranthemum frutescens" を指すようです。

4.「マーガリン」との関係

4.1. どんな関係?

「マーガレット」と「マーガリン」は語源が似ています

「マーガレット」の語源は先述の通りなので、以下で「マーガリン」の語源を見てゆきましょう。

4.2.「マーガリン」の語源

「マーガリン」をアルファベットに戻そう!

「マーガリン」をアルファベットに戻すと "margarine"。 "margarine" は元々はフランス語(*)ですが英語でも同じ意味で使われます。

(*) マーガリンを考案したのがフランス人の化学者 Hippolyte Mège-Mouriès(1817~1880年)なので。

"margarine" の由来

"margarine" という呼称の由来はマーガリンの成分「マルガリン酸」です。

「マルガリン酸」の由来

「マルガリン酸」を意味するフランス語は "acide margarique" です。
マルガリン酸を発見したのがフランス人の化学者 Michel Eugène Chevreul(1786~1889年)なのでフランス語です。

"acide margarique" という呼称の由来は古代ギリシャ語で「真珠の母(*)を意味する「μάργαρος(márgaron)」です。

マルガリン酸が真珠のように結晶化することから、"acide margarique" と命名されたそうです。
(*)「真珠の母」とは真珠層のこと。 真珠層とは、貝殻の内側の美しい部分。 真珠を生み出す元となるので英語で「真珠の母」。

4.3. まとめ

「マーガリン」の名前の由来が「マルガリン酸」で、「マルガリン酸」の語源が「真珠の母」。
マーガリン」と「マーガレット」は、どちらも語源に真珠が関わっているわけです。

トップページに戻る