スポーツとかゲームとか音楽プレイヤーとかは関係なさそうな「プレイヤー」の意味を教えて!

質問: 先日、「プレイヤー」というカタカナ語を見かけました。

もちろん私も「プレイヤー」の意味は知っています。「スポーツ選手」とか「ゲームで遊ぶ人」とか「音楽プレイヤー」とかです。

ところが、こないだ遭遇した「プレイヤー」は、そういう意味じゃないんです。 そうした意味を当てはめても文を理解できないのです。

そこで私は思いました。「プレイヤー」には2種類あるに違いない、と。 1つは私が知っている「プレイヤー」で、もう1つは私が知らない謎の「プレイヤー」です。

この謎の「プレイヤー」の意味を教えて下さい。

回答: あなたが知らない謎の「プレイヤー」の意味... それは「祈り」です。 詳しくは以下をご覧ください。

1. 元の英語

カタカナで「プレイヤー」と表記される英語は次の2つです:

  • player ・・・「選手、遊ぶ人、劇を演じる人(俳優)、演奏する人、音楽を再生する機械、」などを意味する名詞
  • prayer ・・・「祈り、祈る人」を意味する名詞

上記の2つの言葉の違いは2文字めが "l" か "r" です。

あなたが知らなかった謎の「プレイヤー」は "prayer"(2文字めが "r")のほうです。

2. "prayer" の語源

2つの意味は語源が違う

名詞 "prayer" の2つの意味(「祈り」と「祈る人」)は語源が違います。

「祈る人」を意味する "prayer"

祈る人」を意味する "prayer"は、下記の2つの組み合わせです:

  • 「祈る」を意味する動詞 "pray"
  • に「~するもの(者/物)」を意味する接尾辞 "-er"

「祈り」を意味する "prayer"

祈り」を意味する "prayer" は、「嘆願」を意味するラテン語の名詞 "precāria" が語源です。 この "precāria" から古フランス語を経て英語の語彙(ごい)に入ってきました。

でも、究極的には同じ語源

上述の "precāria" のさらに先の語源は、「頼む、願う」を意味するラテン語の動詞 "precor" です。

「祈る」を意味する動詞 "pray" も同じ "precor" が語源です。

3. 厳密には3種類

実は、カタカナで「プレイヤー」と表記される英語にはもう1つあります。 「プレイヤー」の元となる英語は全部で3つなのです。
これまで黙っていて申し訳ない。
3つ目の「プレイヤー」の元の英語は "preyer" という名詞で、意味は「捕食者」です。
"preyer" は 「prey + -er」で出来ています。 "prey" は「獲物」という名詞の意味のほか、「~を餌食にする」という動詞の意味があります。
でも、"preyer" という英語の時点でマイナーな言葉(この言葉を載せていない辞書が多い)なので、カタカナの「プレイヤー」が「捕食者」の意味であることは稀でしょう。
捕食者」とは例えば、ネズミにとってのフクロウです。

4. おさらい

  1. player ・・・ みんなが知ってる「プレイヤー」
  2. prayer ・・・「祈り、祈る人」を意味する「プレイヤー」
  3. preyer ・・・「捕食者」を意味する「プレイヤー」

トップページに戻る