「ロビンソン」の意味は? 語源は? 女性にも使えるの?

質問:「ロビンソン」という人名は、どういう意味ですか。

回答: とりあえずは「ロビンの息子」という意味です。 その先の意味は、以下をご覧ください。

1. 元の英語

「ロビンソン」は "Robinson" という英語をカタカナで表記した言葉です。

2. "Robinson" の詳細

2.1. "Robinson" の成り立ち

"Robinson" は "Robin" と "son" がくっついて出来ています:

  • Robin ・・・「ロビン」というファーストネーム(下の名前)。 男性にも女性にも用いられる。
  • son ・・・「息子」という意味の名詞。

したがって、"Robinson" は「ロビンの息子」という意味です。

2.2. "Robinson" は姓と名どちら?

"Robinson" は本来は(名字、ファミリーネーム)ですが、男性の(ファーストネーム)としても用いられます。

名字の例

サイモン&ガーファンクルの歌に『ミセス・ロビンソン(Mrs. Robinson)』というものがありますが、この "Robinson" は名字です。

"Robinson" が名字だから、意味的には男性(ロビンの息子)であっても、「ミセス・ロビンソン(ロビンソン夫人)」という具合に女性を指し示す言葉として用いられます。

個人名の例

1719年に出版された漂流小説『ロビンソン・クルーソー』の「ロビンソン」はファーストネーム(下の名前)です。 「クルーソー」が名字。 クルーソー家のロビンソン君。
「ロビンソン」はファーストネームとしては女性に用いません(少なくとも、辞書ではそう説明しています)。

2.3. "Robinson" の経緯

「ロビンの息子」というと家族ではなく個人を指しそうですが、"Robinson" は本来は個人名(ファーストネーム)だったのが名字になったのだと考えられます。

この辺りの流れをイメージしてみました:

  1. ロビン(Robin)という人物が自分の息子を「ロビンソン(Robinson)」と命名する。(個人名としての「ロビンソン」の成立
  2. ロビンの息子であるロビンソンくんが大人になり、結婚して子供ができる。
  3. この頃に個人名だけでなく名字を持つようになったので、ロビンソンくんの子供(すなわちロビンの孫)は、父親(すなわちロビンソンくん)のファーストネームを名字として採用した。(名字としての「ロビンソン」の成立

3. "Robin" の由来

"Robinson" に含まれる "Robin" の由来は2つあると言われています:

  1. 古フランス語の人名 "Robert" が変化した男性
  2. "robin" と呼ばれる小鳥(コマドリ)に由来する名前(男女どちらにも使われる)

3.1. 古フランス語 "Robert" の語源

古フランス語 "Robert" の究極の語源は「輝く栄誉」を意味するゲルマン祖語 "Hrōþiberhtaz" です。

この "Hrōþiberhtaz" から古ドイツ語を経て古フランス語 "Robert" が成立しました("Robert" が英語に入ったのは中世時代)。
"Robert" は本来は男性のファーストネームですが、名字としても用いられます。

3.2. 小鳥の "robin" の語源

「コマドリ」を意味する "robin" は "robin redbreast(赤胸のロビン)" の略称です(*)

そして、"Robin Redbreast" の "robin" の由来は... 人名の "Robin" です。

したがって、上記「3. "Robin" の由来」に記載した2つの由来は結局、どちらも古フランス語 "Robert"(さらに言えばゲルマン祖語 "Hrōþiberhtaz")です。

(*) もともと単に "redbreast" と呼ばれていた鳥の名に "robin" が付け加えられた(おそらく16世紀のこと)。 "red breast(赤い胸)" と呼ばれるのは、この鳥の胸の辺りが赤色だから。

"robin" と付け加えられた理由は、音の響き(なんとなく好ましい、口にしたときに調子が良い)だと言われている。

3.3. "Robin" の由来のまとめ

  • 次の流れ: Hrōþiberhtaz → Robert → 人名「Robin」→ 小鳥の名前「Robin」→ 人名「Robin」
  • どちらの人名も現代で使われている。
  • 男性の名前としては③と⑤、女性の名前としては⑤のみ。
もっとも、生まれた子供を "Robin" と命名するとき、その "Robin" が③か⑤かは意識しないでしょう。

トップページに戻る