「ソリチュード」の意味は? 語源は?

質問.:「ソリチュード」の意味を教えて下さい。

回答.:「孤独」という意味です。

解説

「ソリチュード」は "solitude" という英語をカタカナにした名詞で、この "solitude" に「孤独」という意味があります。
"solitude" には「人気(ひとけ)が無い場所、人が住まない場所」といった意味もありますが、カタカナ語の「ソリチュード」は「孤独」の意味で用いられるのが一般的でしょう。

"solitude" の語源

英語の "solitude" はフランス語 "solitude" から輸入されました。 フランス語の "solitude" は英語の "solitude" と同じ意味で、発音も同じようなものです。
だから、カタカナ語の「ソリチュード」が英語ではなくフランス語から輸入された可能性もあります。

フランス語の "solitude" の語源は「孤独、寂れた場所(荒野や砂漠など)、欠乏」を意味するラテン語の名詞 "sōlitūdō" です。

ラテン語 "sōlitūdō" は、「唯一の~、独身の~、人が住まない~」などを意味するラテン語の形容詞 "solus" に、「状態」を意味する接尾辞 "-tudo" がくっついて出来ています。

ソリチュード スタンディング

Suzanne Vega(スザンヌ・ベガ)という米国のシンガーの曲に「ソリチュード スタンディング(Solitude Standing)」がありますが、この曲では "Solitude" は「孤独を擬人化した女性」のことです。

このことは、この曲の歌詞の冒頭で明らかです

Solitude stands by the window

She turns her head as I walk in the room

孤独は窓際に立つ

私が部屋に足を踏み入れると、彼女は顔を振り向かせる
# 二行目の「彼女」が「孤独(ソリチュード)」を指し示しています。

「ソリチュード スタンディング」という曲名は「立っている孤独」という意味です。

「スタンディング(standing)」は「立つ」を意味する動詞 "stand" の現在分詞形で、形容詞として名詞 "solitude" を修飾しています(*)
(*) 英語では形容詞が名詞の前に置かれる(この場合なら "Standing Solitude")ことが多いですが、名詞の後ろに置かれることもあります。 例えば「出席している」の意味で使われる "present" がそれに当たりますが、それ以外でも文学作品や歌のタイトルなんかでは、形容詞を名詞の後ろに置くことが少なくありません。

トップページに戻る