トリビュート・アルバムなどの「トリビュート」の意味は?

質問.: 楽曲のカバー・アルバムなんかに使われる「トリビュート」という言葉は、どういう意味ですか?

回答.: 「他のクリエイター(アーティスト)への敬意の表れとして作られる作品(楽曲)」という意味です。

解説

「トリビュート」は "tribute" という英語をカタカナにした言葉です。

"tribute" の意味をヒトコトで言えば、「感謝/敬意/称賛/服従といった気持ちをプレゼント/金銭の支払い/言葉で表すこと」です。
例えば、「封建制の時代に臣下が領主に収めた年貢」や「大国が周辺の弱小国家に要求する貢ぎ物」、あるいは「ヤクザのみかじめ料」や「ヤクザの上納金」が "tribute" です。 服従の姿勢を金銭の支払いという形で表すわけです。
音楽など芸術的な分野で用いられる "tribute" は、次のような意味です。
他の(音楽・文学・美術・漫画・アニメ・映画などの)クリエイターへの敬意の表れとして、そのクリエイターの作品を意識したスタイルで作られる作品

オマージュ

上記の芸術的な分野の意味の "tribute" と同様の意味を持つ言葉に "hommage" があります(*)。 "hommage" は「オマージュ」というカタカナ語として流通してます。

(*) もともとはフランス語ですが、英語に輸入されています。 "hommage" は英語では "homage" という綴りに変わって、あるいは、そのまま "hommage" で使われています。 英語でも、カタカナ語の(芸術分野の)「オマージュ」の意味で使われることが多いのは "hommage" のほうです。
"tribute" と "hommage" が芸術分野では同じような意味なのですから、カタカナ語の「トリビュート」と「オマージュ」も同じ意味だと考えて差し支えないでしょう。

でも、カタカナ語としての使われ方は違っていそうです。「トリビュート・アルバム」という言い方はしますが、「オマージュ・アルバム」とは言わないでしょう。

「トリビュート」は形容詞的に用いられるが「オマージュ」は名詞的に用いられるとか、「トリビュート」と「オマージュ」で使われやすい分野が違う(音楽と美術とか)とかあるかもしれません。

トップページに戻る