"cloud nine" の意味は? 由来は?

質問: "cloud nine" とは、どういう意味ですか? 意味の由来も教えて欲しいです!

回答: "cloud nine" の意味は2つに大別されます:

  1. 至福、この上なく幸せな状態
  2. 空想・妄想・夢想をしている状態、現実を自分に都合良く解釈している状態、頭の中がお花畑
"cloud nine" は 1. の意味でよく使われます。

使われ方

"cloud nine" は "on cloud nine" という使われ方が基本です。 「雲の上に」というわけです。

"on cloud nine" と一緒によく使われるのは "be" や "live" です。

  • be on cloud nine ・・・ この上なく幸せな状態である、夢見心地でいる
  • live on cloud nine ・・・ とても幸せに暮らしている、夢想の世界で暮らしている(現実に目を向けていない)

"cloud nine" の用例

I'm on cloud nine.
私は、この上なく幸せです。
She's living on cloud nine weeks after winning the championship.
選手権で優勝してから何週間も経つのに、彼女はまだ夢見心地でいる。
Yeah 4 grand is twice too much for a zx chassis! Especially from a friend! He's on cloud nine if he thinks its worth that.
(スノーバイクの)ZXシャーシに4千ドルなんて2倍もふっかけすぎ! 友達に売ろうってんなら尚のことだ! ZXシャーシに4千ドルの価値があるなんて考えてるなら、彼の頭はお花畑だな(ZXシャーシの実際の相場を知らず、自分が所有するZXシャーシの価値に幻想をいだいている)。

"cloud nine" の由来

"cloud nine" の由来は定かではありません。

ですが一説によると、19世紀末に世界気象機関(WMO)が発行した『International Cloud Atlas(国際雲図帳)』で雲が10種類に分類され、その9番目の種類が積乱雲(入道雲)だったのが "cloud nine" の由来です。

積乱雲は雲の頂上が成層圏にまで達することがあります。 雲の中で最も空高くまで届くのが積乱雲です。

至福の状態のことを「天にも昇る心地」と表現するのと同じように、幸せな状態を空の高い場所になぞらえたのかもしれません。
この説を採るなら、"cloud nine" は「9番目の雲」を意味することになります。

類義語

cloud number nine

"cloud number nine" を直訳すると「9番目の雲」。 意味は "cloud nine" と同じです。

"cloud number nine" という表現が "cloud nine" より先に存在したなら、"cloud nine" の語源が『International Cloud Atlas』にあるとする上記の説が補強されます。

ですが、そうでもないようです。 大部分の辞書は "cloud number nine" という表現を収録していないません。 "cloud nine" という表現が先にあり、そこに上記の説が影響して "cloud number nine" を「至福」の意味で使うようになったと思われます。

cloud seven

"cloud seven" も "cloud nine" と同じ意味です。

"cloud seven" は "cloud nine" と "seventh heaven" の混同の産物でしょう。

トップページに戻る