人名「エドワード」に込められた意味は? 「エディー」の意味も!

質問: 人名「エドワード」の意味を教えて下さい。 あと、「エディー」って「エドワード」と関係ありますか?

回答: 「エドワード」は「富の番人」という意味です。「エディー」は「エドワード」の愛称です。

詳しくは以下をご覧ください。

「エドワード」

元の英語

「エドワード」を英語に戻すと "Edward" です。
"Edward" は男性の個人名(ファーストネーム)として用いられます。

語源

"Edward" の語源はドイツ祖語における人名 "Audawarduz"。

"Audawarduz" は次の2つの語の組み合わせです:

  1. audaz ・・・「」を意味する名詞
  2. warduz ・・・「番人(見張り守る者)」を意味する名詞

"Edward" の "Ed" の部分が "audaz" に、"ward" の部分が "warduz" に対応します。

"ward" は「防御/被保護者/病棟」など様々な意味を持つ言葉として現代の英語にも残っています。

「エディー」

元の英語

「エディー」を英語に戻すと "Eddie" です。

「エディー」の用途

"Eddie" は "Edward" のニックネームです。
"Eddie" は "Edgar" や "Edwin" など "Ed-" で始まる名前のニックネームでもあります。

"Edward" & "Eddie" の用例

"Edward" と "Eddie" の関係が如実に表れる用例を次に示します:

Eddie spoke into the phone. "Hello?"

"Is this Edward Deakin?"

Eddie frowned. The voice was unfamiliar, and nobody called him Edward. He said: "Yes, I'm Eddie Deakin. Who are you?"

エディーは電話の相手に話しかけた。「もしもし?」

エドワード・ディーキンか?」

エディーは眉をひそめた。 電話の相手の声に聞き覚えはないし、知人は誰も彼を「エドワード」と呼んだりしない。 エディーは言った:「そうだ。 エディー・ディーキンだ。 あんたは誰だ?」
出典: Ken Follett という英国人作家の小説『Night Over Water』の48ページ目。

戸籍上の名前が「エドワード」であっても、もっぱら愛称の「エディー」が用いられることが分かります。

また、「そうだ。 エディー・ディーキンだ」の部分から、エディー自身が本名「エドワード」より愛称「エディー」を好むことが分かります。(*)
(*) 未完の名作ラノベ『謙虚、堅実をモットーに生きております!』の第92話で、鏑木(かぶらぎ)が「ショコラは嫌いじゃない」という発言によって「チョコではなくショコラと呼べ」と暗に要求したのと同じです。

トップページに戻る